24時間サーバー監視運用

システムインフラを担う運用現場の要員は、昼夜を問わず迅速な対応が求められ、慢性的な作業負荷、その一方でコスト、品質、効率を要求され、疲弊しがちな職務となっています。
当社は、お客様に代わって24時間365日、システムインフラの監視運用を行っています。
社内リソースで365日の運用体制をとることに限界を感じているお客様、現在かかっている監視運用の委託コストを削減したいお客様、当社の24時間有人監視サービスをご利用ください。

お客様の運用状況をヒアリングののち、サーバー台数による課金ではなく、実工数ベースでの費用をご提示します。
このため、一般的な24時間の有人監視運用に比べ、割安なサービスをご提供します。

四国にある当社監視センターは、常時社員SE 2名体制で障害を検知し、迅速確実にその後の対処を行います。
標準の監視ツールはZabbix もしくはNagios を使用していますが、お客様のご要望に応じてその他の監視ツールもサポートします。
創業以来10年以上にわたる監視サービス提供実績があり、お客様は大手ISP 事業者、iDC 事業者、公共組織、教育機関、一般民間企業など多岐にわたっています。
監視対象はロケーションを選ばず、オンプレミス、パブリッククラウド、プライベートクラウドに対応します。
対象サーバー数は1台から数百台規模まで監視可能です。
また、ファイアウォール、IDS、IPS、WAFの監視も行っています。

サービスご費用のお見積について

下記内容をお知らせください。
個別お見積(無料)をとらせていただきます。

  • 監視対象サーバー数
  • サーバーの種類(Web、DB 等)
  • 障害発生時の連絡先数
  • Zabbix もしくはNagios の設置有無
  • 監視対象サーバーの外部接続可否
  • アラートメール数(月間)
  • 現状の障害発生頻度(月間)
  • ご希望の監視内容や希望するサポート